しっかり

ちゃんと

色んなことがあったが今は仕事を辞めて無職で東京にいる。

金はないがしばらく働く気力もなく、東京にいても金が減るばかり、しかし実家に帰るのは気まずいし、大体帰ったって仕事もないし、希望も見えないし、あそこへ帰るよりも東京で預金残高を見ながらわざと焦ってる方がまだ俺のためなんじゃないですか?という気持ちがあり、しかし東京では大地震が怖くて、俺の家は築何十年だかも分からない、ボロの、木造の、検索すると大島てるが出てくる貧乏アパートで、今年か来年には地震で粉砕されて死ぬのではと思うと帰りたい、もしくはいっそ外国にでも行きたい、ていうか地震の前に社会から逃げたい、でもそれは無理だ、何故ならば俺は学歴がなく、何の才能もなく、オルタナティブな方向に人生のかじを切る勇気もなく、サラリーマンになる根性もない、どこにもいけない、滝本竜彦の小説の主人公を劣化させたような男だから、

2017/10/17

かるく風邪を引いた 東京はあまりにも寒い

今日はバイクのバッテリーを交換しようと考えていたが体調の悪化を恐れてやめた

本屋でつげ忠男の「成り行き」という漫画を買った 他にも色々買いたかった漫画があったが駅前の本屋には俺のほしい本はあまり売っていない

成り行きは短編集 やりきれない話ばかりで心に残る 人生は所詮運なのかという感じ

体調を直そうと夕方以降は寝ていた しかし寝ると精神が悪化しやすい すぐもう駄目だ無理だみたいになる 何とかやっていくしかない

仕事がつらい

2017/10/16
やってるお店の半年記念 半年よく持った 何度逃げようとしたか分からない これからもきっとそうだろう
常連さん15人くらいお祝いに来てくれた 皆で鍋会 もちろん嬉しいのだけど申し訳ないしプレッシャーにもなる 愛されキャラみたいなのは俺は向いてない しんどい 憂鬱になった 煙草が吸いたい

金もそんなに欲しくないのに働いて眠るだけ

金が欲しくて働いて眠るだけ

いや金もそんなにほしくない

一人でいられる誰にも傷つけられない空間が欲しいとずっと思っている

銀杏ボーイズが「僕の部屋は僕を守るけど 僕を一人ぼっちにもするよね」と歌っていたが、俺はそういう部屋にずっといたいしその部屋にとどまり続けることが100%の悪いことだとは思いたくない 

非生産的で最終的には破滅する不幸せな生き方なんだろうが 知ったことかよクソボケと言いたい 独り言だが

 

andymoriは「もうどこにもいけないのなら ずっとここにいてもいいんだよ」と歌っていた 俺もそう言いたい

 

 

まる一日を労働の為だけに使ってとても疲れた 明日風邪を引いているかもしれない しかし明日も12時間労働 この日々は報われるのだろうか 報われるって何が起きれば報われるのだろう 何のために頑張っているのか本当によく分からなくなる

 

とりあえず労働現場の人となかなか上手くいかない 人に指示を出すのも出されるのも苦痛で仕方がない 今日はヘルプを呼ばないといけなかったのだが、ヘルプで来た奴との会話を想像すると面倒で、

ずっと一人でがんばっていた 俺は馬鹿だ

毎日どうでもいいことで忙しく

 

ときどき何のために頑張っているんだかよく分からなくなる

10時40分に起床 風呂は空いてなかったので寝癖を直さないまま労働現場へ

今日も人がやたら来てだるかった フードがあんまり出なかったのが救いだった

くだらない いつまでも寝ていたい

 

何をやってるんだろう

何もしていない 俺は今日を生きていたと言えるのか

 

 

2017/09/16

いつも労働の悪口しか書いてなくてこのブログはどうしようもないな 俺の掃き溜めだからどうでもいいんだけれど

 

昼に起きて神聖かまってちゃんの新譜を買った 幼さを入院させて 深夜三時のいま聴いてるがやっぱイマドキの子がめちゃ良い

 

ピーズの本が出るということでちょっとウキウキする

 

今日は弟と母が東京に来たので会った サイゼリアでグラタンなど食べた

 

やはりこの人たちが好きだ とにかく何も起きず平穏に死ぬまで暮らしてほしい この人達のの暮らしを壊すやつがいたら必ず殺しにいく ミサイルも大地震も絶対に近づかないでほしい もしやってきたら絶対に何らかの方法で殺す

 

17時からはゴミ労働 今日は忙しかった 殺意ばかり溜まって良くない日だった

 なんだか汚い言葉ばかり出てきてよくないのでもう寝る くそくらえだ つまんねみんなしねだ 消えたいぜ全く馬鹿野郎死ねボケカス

 

あーあ‥

 

2017/09/15

労働時間ギリギリまで起きれなかった やりたいことを諦めて仕方なく風呂に入りさっさと労働現場に向かった

 

今日は客の入もまあまあで死にたくなるほどのことはなかったが嫌味を言われやる気を無くした

 

帰り道ペットボトルのゴミ袋を運びながら心の底からつまんねーな‥と思った

 

よく考えてみれば、起業して良かったことなど今のところ一つもない バイトのほうがマシな労働時間、稼ぎ、

 

主体的に何かをやるというのが俺に一番向いてなかったことなのかもしれない 地元でだらだら鬱々バイトやってたほうが良かったのかもしれない

 

いや、それよりは今のほうがマシか

 

どっちにしろ俺は駄目だったかな

何にせよくそつまんねーつまんねー暮らしだ

 

早く終わることを願うばかり