しっかり

ちゃんと

色んなことがあったが今は仕事を辞めて無職で東京にいる。

金はないがしばらく働く気力もなく、東京にいても金が減るばかり、しかし実家に帰るのは気まずいし、大体帰ったって仕事もないし、希望も見えないし、あそこへ帰るよりも東京で預金残高を見ながらわざと焦ってる方がまだ俺のためなんじゃないですか?という気持ちがあり、しかし東京では大地震が怖くて、俺の家は築何十年だかも分からない、ボロの、木造の、検索すると大島てるが出てくる貧乏アパートで、今年か来年には地震で粉砕されて死ぬのではと思うと帰りたい、もしくはいっそ外国にでも行きたい、ていうか地震の前に社会から逃げたい、でもそれは無理だ、何故ならば俺は学歴がなく、何の才能もなく、オルタナティブな方向に人生のかじを切る勇気もなく、サラリーマンになる根性もない、どこにもいけない、滝本竜彦の小説の主人公を劣化させたような男だから、